忍者ブログ
プロフィール
HN:
寺地ユイ
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1987/05/18
趣味:
料理、食事、妄想、旅行。
自己紹介:
wavision/星くずロンリネス所属。
月形町出身。札幌市在住。
好奇心旺盛なAB型の左利き。
舞台はもちろんイベントMCや映像など様々なシーンで活動する。
食べることが大好きで、特技は料理!
好きな食べ物は海苔。
苦手な食べ物はホワイトチョコ。


+今後の活動+

●舞台●
2013.1.25-26
TBGS.10th『体液』
詳細はコチラ

2013.2.23-24
西区文化フェスタ2013参加
劇団パーソンズ『楽屋』
詳細は近日中に!

twitter
カウンター
最新CM
[03/03 わた]
[02/17 あのい]
[01/14 けいた]
[12/02 わた]
[12/01 issey]
バーコード
ブログ内検索
寺地ユイ公式ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふぎゃはー。
お疲れ様です、てらちです。

まずは何よりも先に、本日行われました月ゾウ、
戦うゾウの死ぬときの試演会にご来場いただいた皆様、
本当に本当にありがとうございました。

やりたいやりたいって言ってやらせてもらって、
その上たくさんの人に見てもらえて、本当に感謝です。
一緒にやってくれた雲や、運営のハムプロの皆様にも感謝。

実際にやってみて、

反省や後悔はめっちゃあります。
自分にまだまだ至らないところがあったり、
そのせいでアクシデントがあったり、
だけどなんとか乗り切って、
だけど全然乗りこなせてはなくて、
好きなだけに、課題の残る作品でした。

が、

本当にやれてよかったです。
このタイミングでやれたことも、
皆さんに見てもらえたことも。

しっかりと整理して糧にして進もう。

またやりたい。乗りたい、ゾウ。

それまでまた、色々哲学しよう。
自分のことについては、もっと明らかにしよう。

こんなことブログに書くことじゃないかもしれないけど、
忘れちゃったら嫌だからね、日記は未来の自分への覚え書き。

そんなことを考えた、本公演1ヶ月前。
ここからはイドラの本番に向けて、気合を入れなくては。

今夜を無駄にせず、邁進いたします。

かしこ。


本日のお洋服はゾウの柄。
大好きなおねえちゃんからのおさがり(笑)

ちゃーお。
PR
てれれってれれってれれってって
てれれれれれれれれーってって
てれてれてっててーれってーれっ
てってってれてれてって・・・

どうもどうも、今日はトータル9時間稽古場にいました。
楽しかったけど、ちょっと長かったな(笑)

星くずとか、ゾウとか、ゾウとか・・・!

いよいよ明日は月ゾウ。

中年男女ふたり芝居を長いことかけて東京と札幌で作ってく2012
『戦うゾウの死ぬとき』 試演会-月ゾウ
日時 10月8日(月)20時〜
出演 高橋雲×寺地ユイ
会場 いいかげん居酒屋 SuwA!!
    札幌市中央区南3条西1丁目北日本ビル地下1階

     ※入場無料 要別途オーダー 詳しくはコチラ!

そうそう、今回は試演会なので入場無料ですー。
ワンオーダーいただけたら、ご覧いただけますよ。
ハムプロな方の手料理もあるらしいです・・・(゚A゚;)ゴクリ!
是非20時にすわにあそびにきてくださいー!

今回相方の雲君とパチリ。

稽古はちょっと長めに3回。会場では明日初めてやります。
なんだかずっと見る側だったから緊張するけど一生懸命やります。

とにかく稽古場ではディスカッションをたくさんした。
新鮮で楽しかったです。無駄にしたくない。
いい意味で、いろいろ起きたらいいな。
楽しめたらいいなと思っています。うんうん。

かなり至近距離ですのであしからず。
初めてさんは、入口側のお席が個人的にお薦め。

居酒屋さんの一角で、こんなセットでやります。

ドキドキするぜ。
ひーはー!

というわけなので、
もう寝ます。

おやすみなさい!
おつかれいしょん!
実は、

ほとんど宣伝してなかったんですが・・・

極道のイドラの前に、一本お芝居に出演します。

+++++

中年男女ふたり芝居を長いことかけて東京と札幌で作ってく2012
『戦うゾウの死ぬとき』 試演会-月ゾウ
日時 10月8日(月)20時〜
出演 高橋雲×寺地ユイ
会場 いいかげん居酒屋 SuwA!!
    札幌市中央区南3条西1丁目北日本ビル地下1階

     ※入場無料 要別途オーダー

◎あらすじ
気がつけば、ヒトは屋根裏部屋らしきところにいた。目の前にはゾウ。ゾウってそんなでしたっけ?目は二つ、鼻はひとつに、耳は二つ。ゾウと言えばゾウみたいなもんじゃないですか?私の名前って無かったんでしたっけ?なんだか、あいまいなんですよねぇ。そしたらゾウは選択を迫り、釘と木槌をつきつけてきた。象の印?殺される?そもそも我々は、生きている?
中年になっても続けられる男女二人芝居「ゾウ」を長いことかけて海こえて育てるこの企画。演る方も観る方ものんびりゆっくりたまには真面目に想像したい、きっとどこかで繰り返される、不思議な二人芝居。

+++++

今年、札幌と東京で4度にわたって行われた第五回◯◯の人、
そこで上演された『戦うゾウの死ぬとき』という演目の試演会に参加させていただきます。

「中年男女ふたり芝居を長いことかけて東京と札幌で作ってく2012」
この台本にはサブタイトルがついています。
本番を重ねるうちに、じわじわとこの芝居や台本が改訂されていくことを念頭に、再演を重ねたいと思っているのです。(戦うゾウの死ぬときHPより引用)

ということで、この作品は今年東京と札幌で4回上演されています。
ブラッシュアップを繰り返し、未だに成長を続けています。

札幌大会にはお客さんとして何度かこの作品を観に行きました。
企画も作品も興味深く、実際に育っていく”ゾウ”を目の当たりにして、
ぜっっったい難しいと思いながらも、どうしてもこの作品に関わりたくて、
「やりたい」と言って、今回、参加させて頂くことになりました。

好きな作品だけに、観てる作品なだけに、
正直、緊張してますが、頑張ります。
やれるだけのことやってみます!

なので、お時間ありましたらSUWA!にふらりと飲みに来て、
観てください。

今日は、雲くんと稽古です。
いくぞー。


(画像は8〜9月◯◯の人のフライヤー)
HOME

material:wolke  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]